訪問マッサージの特徴とは

リハビリと訪問マッサージの違いを考えよう

リハビリと訪問マッサージというのは、似ているようで違うものです。そのため、もしもこの二つどちらか受けようかと迷っている人がいたら、この二つの違いをきちんと頭の中で整理して選択する必要があります。

リハビリの特徴

リハビリというのは、リハビリ療法士と一緒になって、身体を動かしながら訓練をしていくものです。機能が不自由になってしまっている部分を中心に、無理なく身体の治癒・改善を目指していくものです。

訪問マッサージの特徴とは

訪問マッサージは、リハビリに足して、身体の訓練というよりも、メンテナンス・調整といった要素が大きいものです。マッサージによって血行を促し、身体の自然治癒効果を狙っていきますので、患者さんは動いたり、何か動作をしたりする必要はありません。マッサージによってリンパ腺を刺激する事で、血流がとても良くなりますので、このような性質を利用して治癒効果を一段と高める事ができるのです。マッサージを受けた事によって、症状が軽くなって負担が緩和されたという患者さんも多いのです。

どちらとも資格が必要

リハビリや訪問マッサージなどを受ける際には、必ず国家資格を有しているスタッフによって施術してもらえるかどうかを確認しておきましょう。民間の資格ではなく、国家資格という点が大事なポイントになります。また、リハビリや訪問マッサージの計画作成や管理・監督をするケアマネージャーの方と相談する事も大事です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ