訪問介護を選ぶときの注意点

訪問介護を選ぶ時は気を付けよう

現代は超高齢社会という事もあり、訪問介護などの人気が高まってきています。体が不自由になってしまい、自宅から病院に自力で行く事ができない人のために、訪問介護という在宅医療というサービスがあります。とても便利ですが、誰でも受けられるというわけではありませんし、いくら訪問してもらえて楽ちんといっても、きちんと業者選びをする必要があります。失敗しないように、信頼できるような業者に選ぶようにしましょう。

ケアマネージャーはどんな人か

訪問介護にあたっては、必ずケアマネージャーというのがつきます。彼らがどのような流れで訪問介護の管理をしてくれるのか、じっくりと相談していく事や、何か不安や疑問点があったら必ず確認しておく事が重要です。

コスト面についてはどうか

訪問介護は自宅に来てもらうわけですので、その分お金がかかります。介護保険が適用されますが、一応、事前に確認してみるのがいいでしょう。

更新について

しばらく訪問介護を受けた後、更新などの手続きも再度必要になるのかどうかという点も、最初に調べておくといいでしょう。

きちんと情報調査する

近所やお住いの地域にいは、在宅医療に携わる事業者がたくさんあります。そのため、そのような色々な事業者の中から、安全にご利用できるようなところを厳選するには、個人で情報調査を行っていく必要があります。事業所ごとに比較を重ねながらやっていくという事が大切です。

事故があった時の対処法はどうか

訪問介護では、万が一事故が起こった場合はどのように対処してくれるかという点も、しっかりと確認しておく必要があります。万一の時に備えておくのも大切な事です。在宅医療だからといって事故が起きないとも限らないのです。

説明書やマニュアルはあるか

その事業所が訪問介護活動を行っていく中で、しっかりとした説明書やマニュアルを持ち合わせているかどうかという点も、きちんと考慮して探さなければなりません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ