訪問マッサージなら介護枠を気にしない

介護枠がいっぱいで受けられない事もある

訪問介護をうけたくても、誰でもいつでも必ず受けられるという事ではありません。
訪問介護を受けるには、審査も必要になってきており、その審査基準を満たしていない場合には、訪問介護を受ける事ができなかったり、予約待ちという事になる可能性もあります。受けたい時にすぐ受けられるという事ではありませんし、きちんと認定されていなければ受ける事ができないという点に留意しておきましょう。

介護枠がいっぱいの時は訪問マッサージをうけよう

介護枠がいっぱいだからといって、在宅医療を受けられないと諦める事はありません。訪問介護に代わるものものもありますので、そちらをご利用するというのもおすすめです。例えば訪問マッサージです。訪問マッサージは、専門スタッフが自宅まで足を運んでくれ、患者さんの容態に合わせて無理なくマッサージの施術をしてくれるものです。身体のリラックス効果や、治癒効果などを期待して受ける事ができます。

訪問マッサージを希望する際の注意

介護枠がいっぱいだった時の代替手段として訪問マッサージを利用する事ができますが、これは主治医の同意書も必要になりますので、必ずかかつけの医師に、訪問マッサージを受けていいかどうか相談してからというのが重要になってきます。

訪問マッサージでも治療効果がある

訪問マッサージを受けた人の中には、むちうち症の方など、身体が不自由になっていた方もいます。そのような方にとっては、訪問マッサージというのはとても役立つようです。痛みが緩和されたり、血行を促してもらったりする事ができるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ